鏡もちの由来

鏡もちとは、丸く平らに作ったもちのこと。正月や祝い事のときに大小2個のもちを重ねて神仏に供えます。昔の神仏の儀式では、青銅器の丸い鏡を使用することが多く、丸く形どったもちがこの鏡に似ていることから、鏡もちと呼ばれるようになったようです。

一方、鏡もちの由来は、中国で元旦に固い飴を食べる風習が伝わったものとされ、宮中で「歯固め」の儀式として始ったことが起源と言われています。

鏡もちが現在のような形で飾られるようになったのは、家に床の間が作られるようになった室町時代以降のこと。正月に歳神様に供えるためと、もちは長く伸び切れないことから、長寿を願う意味も含まれていたようです。

鏡もちを大小2つ重ねあわせるのは、月と太陽を表し、福徳が重なって縁起が良いと考えられたためと言われています。

鏡もちの飾り方

鏡もちは、丸く平らに作ったもちのことで、室町時代移行、正月に歳神様に供える目的で飾られ、現在に至っています。

鏡もちは、大小2つのもちを重ねて供えることが多いですが、地域によっては3段にしたり、2段の片方を紅く着色し紅白にしたり、もちの代わりに砂糖で形作ったりなどいろいろなバリエーションがあります。

鏡もちを飾るときには、一般的には大小2つを重ねます。それを半紙を敷いた三方にのせ、その上に裏白をのせ、さらにダイダイ(みかんを代用しても可)をのせ、ユズリハ、昆布などを供えます。

鏡もちを飾るのは、末広がりが好まれて12月28日が最適とされ、家の床の間などに大きな鏡もちを、各部屋には小さな鏡もちを飾るのが一般的です。

鏡もちは、正月中は1月11日(鏡開き)まで飾られ、11日に割って食べます。

鏡餅